データ作成について

  • 設計時のファイル形式について
    3D CAD等で作成したデータを「stl」形式で保存してください。その際、ASCIIとバイナリの選択がある場合にはバイナリを選択してください。
  • サポート材について
    Objet30proによる造形では、サポート材は下図(緑:モデル材、橙:サポート材)のように空間部分をすべて埋めるよう使用されます。サポート材の除去は基本的に手作業となりますので、 形状等には十分ご注意ください。
  • 写真

  • 表面処理について
    Objet30proによる造形では、造形前に表面処理(グロッシー:光沢有り or マット:光沢無し)を決める必要があります。サポート材が付着した箇所は光沢が無くなる(マットになる)という仕組みの為、 マット処理ではサポート材が全面に付着し全体の重量が上がります。オブジェクト下面と造形台の間にはサポート材の土台が入る為、下面は 必ずマットになります。
  • 個別設計のお願い
    1つのオブジェクトに対し1つの「stl」ファイルを作成してください。複数のオブジェクトが存在する「stl」ファイルの場合、 造形ソフト内での配置操作等でまとめて扱われる為、不都合が生じる場合があります。