技術部長挨拶

exdirector.jpg技術部は教員と学生と一体となって工学部と大学院工学研究科の教育と研究および社 会貢献の推進に大きな力となっています。大学法人化を前向きに捕らえた積極的な姿勢で、自己改革を怠らない独自性のある運営を貫いています。組織的には技 術職員個々の専門性を活かす4グループから成り、教員からの委託業務に最適な専門職員による効率的・効果的な業務遂行が実現しています。全学の作業環境測 定も有資格者が担当し、学生を含めた労働安全衛生体制が確立しつつあります。また、社会推進室に技術コーディネータも派遣しています。一方で業務管理や自 己点検・評価に伴う義務と責任を明確化しました。

技術職員は個々の自己研鑽に心がけながら、技術部として大学と工学部の中期目標に沿う年度計画を着実に達成すべき努力して参ります。今後とも工学部技術部へのご支援とアドバイスをよろしくお願いいたします。

技術部長 清水 真